たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

『インタビューの教科書』基礎入門として最適な1冊

インタビュー術を初歩的なところを踏まえつつ、解説してくれるのが『インタビューの教科書』です。

なんといっても教科書ですからね。がっつり基礎からインタビューの本質まで迫ってくれます!

インタビューとは?

そもそもインタビューは、記事を作るための手段ですよね。本書では、大きく2つの手段で、インタビューは機能するとしています。

  • ある目的を達成するための知恵や情報を得るための手段
  • 人から何かを引き出す手段

そしてインタビューとは、人が言っていることをただ聞く「ヒアリング」ではなく、集中して理解する「リスニング」であるべきと指摘します。

インタビューのバリエーションを知る

さて、インタビューといっても、さまざまなバリエーションがあります。

  • 話を掘り下げたい 
  • 話を整理してもらいたい
  • 話の裏をとりたい

おおよそ上記のいずれかで、確かにこのパターンに当はまるかなと。

インタビューの事前準備

そしてインタビューした素材をどう料理するのか、アウトプットについても事前に決めておかなければなりません。

  • QA形式なのか、ルポ形式なのか
  • どこまでの情報量や質が求められるのか

ここからインタビュー当日にどうすべきかに踏み込んでいきます。

  • 全体像をイメージ
  • 時間配分
  • 質問すべきことを確認する
  • 冒頭の質問は切れ味するどいものを用意しておく

インタビュー当日

インタビュー当日の持ち物はこちら!

  • 筆記用具とメモ
  • テレコ
  • インタビュー用の資料
  • 掲載見本
  • カメラ
  • 地図
  • 名刺

インタビューでは、「なぜ」を繰り返すと本質にいきつくそうです。

おすすめ度6☆☆☆☆☆☆★★★★

インタビュー入門書として、知っておくべき基礎知識が網羅されています。その分、インタビュー経験者だと物足りないかもしれません。

インタビューって人との対話でも使えるところがあって、「人を知る」ということとほぼイコール。その視点で読んでもおもしろいですよ。