たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

『SHOE DOG 靴にすべてを。』あまりにも泥臭いナイキ創業物語

ナイキはどうやって一大ブランドになったのか?

『SHOE DOG 靴にすべてを。』は、ナイキ創業者であるフィル・ナイトの自伝。まずカバーデザインがかっこいい。 黒い地に、ナイキのロゴが金色に輝いています。

シンプルでありながら力強い。NIKEブランドのカッコよさを表現しているかのようです。

フィル・ナイトがビジネスを始めたのは、日本だったんですね。ナイキが日本と関係性が深いことを初めて知りました。

泥臭さのある「NIKE創業物語」が明かされます!

ランニング中に天の啓示を受ける

フィル・ナイトが起業を思い立ったのは、24歳のころ。ランニング中に馬鹿げたアイデアが舞い降りてきます。

それは、日本のランニングシューズをアメリカで販売するというもの。

フィルがスタンフォード大学在学中に起業のアイデアを提出していたそうですが、その時点で日本のランニングシューズに可能性があると力説していたそうです。

そして、スポーツシューズ輸入会社ブルーリボンを起業します。

NIKEの原点が日本のシューズ販売だとは知らなかったので、驚きでした。

日本のランニングシューズの可能性

本書では、日本の印象が事細かに記されています。

初めて日本にきたときは、銀座はクリスマスツリーのようだったとしながら、街の大部分が真っ暗だったそうです。まだ戦争の名残があり、B-29の空爆の傷跡を感じさせたようです。

フィルが輸入先に選んだのは、日本のシューズメーカー「オニツカ」。交渉は成立します。

ここから栄光の日々がはじまる!と思いきや、トラブル続き。靴の在庫が届かなかったり、お客からのクレーム対応したり、オニツカから契約切られそうになったり…。

かなり泥くさいことになっていきます。

この時代、日本とアメリカで連絡取るのさえ大変なわけで、輸入業はツラいよってことがよく分かります。

もう勘弁してよ、と思っているうちに、ついにフィル・ナイトが自社ブランドNIKEを立ち上げます。

ナイキの大躍進がはじまる

1972年、ついにNIKEブランドが産声を上げます。オニツカ依存、日本依存からの脱却です。

ナイキは選手を広告塔にすることでブランディングし、工場をアジア各国に作ることでリスク分散していくことで、成功していきます。

私の信念を理解してくれた人たちが、この思いを共有したいと思ったのだ。セールスではなかった。私は走ることを信じていた。信念だ。信念こそは揺るがない。

ナイキの共同創業者であり、陸上競技のコーチであるビル・バウフーマンの力も大きいのでしょう。やはり、陸上を熟知しているメンバーがいることは、プラスに働いているんだなと思いました。

ナイキの源泉は開拓精神だった

フィル・ナイトはアメリカのオレゴン州で育ちました。

フィルが学生時代に、オレゴン州の人から言われた言葉があります。オレゴン州の人たちは、開拓精神を受け継いだ者たちだと。

臆病者が何かを始めたためしはなく、弱者は途中で息絶え、残ったのは私たちだけだ。

フィル・ナイトの無謀といえる挑戦は、このあたりにも源泉があるかもしれません。

おすすめ度7☆☆☆☆☆☆☆★★★

一つの巨大ブランドを作るには、紆余曲折があることを思い知らされました。本当に粘り強い。これ、ナイキ誕生前に、あきらめるところですよ。

ビジネスノウハウではなくて、まぁ真似できるものではないのですが、フィル・ナイトの生き様が赤裸々に記されています。

骨太なビジネスストーリーを読みたい方におすすめです!