たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

『バーフバリ 王の凱旋』がスゴい!キングダムでドラゴンボールで聖闘士星矢な映画だった

話題沸騰のインド映画『バーフバリ 王の凱旋』を観てきました。

とにかくスゴい!

分かりやすく言うと…

『キングダム』と『ドラゴンボール』と『聖闘士星矢』をインドで割った感じです。

なんじゃそれ?と思うかもしれませんが、観ればその通りだと納得できるはず。

ほかでは味わえない映画体験でした!

『バーフバリ 王の凱旋』あらすじを3行でまとめると…

  1. 母と子が逃亡していて、母は死にいたりながら子を守る。
  2. 子は成長し、滝を登った先を見たいと願う
  3. 滝の上にあったのは巨大な王国で、実は偉大なるバーフバリの子どもだったことが明かされる

濃厚すぎて圧倒される!

話はすごくシンプル。

滝の下で暮らす男は、実は王の資格を持っていた。父は偉大な人物バーフバリ!

父のバーフバリは裏切りと謀略に絡めとられ命を落としていた。子のバーフバリが、王国再建を目指し、現政権の打倒を目指す。

まぁありきたりな話ですよね。それは当然で、ベースになっているのが古代インドの神話的叙事詩「マハーバーラタ」だから。勧善懲悪というわけです。

そんなバカな!と思うような展開の連続で、おそらく普通にやったら、シラケる可能性があるのかなと。だけどやりきって濃厚にすると、圧倒されることがよく分かります。

上映時間は2時間21分ありますが、手抜きは一切なし!

すべてが見せ場!!!

マンガやアニメの世界を実写でやりきる!

印象に残るシーンの連続なんですが、マンガやアニメの世界を想起させます。

まずは『キングダム』。矢の雨が降ってくるところはビビりました。

そして『ドラゴンボール』。バトルが吹き飛ばし&壁にドーン!という感じなんです。バーフバリが悟空みたいに見えてきます。

さらに『聖闘士星矢』。ネビュラチェーンが見れるんです。クサリを自由自在に操るバーフバリ!カッコいい!

ほかにも印象的な場面は盛りだくさん!

敵の城に攻めるときに、木をバネにして乗り込むのですが、5、6人でタテを外側に持って防御しながら飛んじゃいます。(文字だと説明しづらい…)。みんなでタルみたいになるんですよ。こんなの見たことない!

白鳥の船がグワワーッと空を舞い上がる場面もすばらしかったなぁ。昼、夜の時を越えていく体験ができちゃいます。

どれもハッとさせるカッコいい場面ばかりです。

おすすめ度8☆☆☆☆☆☆☆☆★★

とにかく何も考えずに楽しめるエンタメ作品。鑑賞後は「あの建物、破壊できるな」と妙な自信を持てます。女子にモテる気がして仕方がない!

バーフバリ!バーフバリ!バーフバリ!