たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

もしミニセガターンが発売したら俺ならこうするソフト27選

ミニファミコンミニスーパーファミコンと、発売のたびに話題になっていますが、もしミニセガサターンが発売したら…。想像しただけで、心が震えますね。

ぼくにとって愛機「セガサターン」はそれほどの存在。個人的な思い出とともに、27本のソフトを選んでみました。

※本数は思い出の数だけあげていったので根拠なし。上下巻、シナリオ1-3を含む数になります。

バーチャファイター

ゲーム史に残る一作。3D格闘ゲームを世に知らしめた本作は、やはり収録すべきでしょう。ぼくは当時、セガサターンと同時購入しました。合計で5万円以上のデカい買い物でした。

バーチャファイター2』

シリーズものって、第2弾で極端に変化するのとは少ないけど、バーチャは違った。見違えるほどのCGの進化を見せつけてきたんです。バーチャ1はポリゴンばりばりだったのに、バーチャ2はなめらか。テクスチャーマッピングされたキャラの動きにホントびっくりした。

『クロックワークナイト』上巻・下巻

おもちゃ箱をひっくり返したようなアクションゲーム。おっさん騎士が鍵の剣でもって戦うけど、ステージが台所とか書斎とか、ユニークさがあふれていました。難易度は高め。

パンツァードラグーン

ドラゴンに乗りながら文明が滅びた世界を漂うSTG。バサバサと飛んでいるだけでも気持ちよかった。美しい世界観が好きで、続編ツヴァイも最高でしたね。

デイトナUSA

3Dレーシングゲーム。車が転倒したり、ぶつかったりすると、ちゃんと車体が凹んでビビったのを覚えてる。レーシングコントローラーも買ってガンガン運転していたなぁ。ここまでクオリティが高いアンケードゲームが、家庭でできるのも嬉しかった。

機動戦士ガンダム

横スクロールアクション。たらふくプレイしてました。3D空間のガンダムものは名作がたくさんあるけど、本作はシンプルさがよかったんですよね。ロックオン射撃とかもナイスでした。

Dの食卓

セガサターンの歴史を語るとき、クリエイター故・飯野賢治さんは外せません。本作は、病院の院長が院内の人たちを射殺し立てこもる事件から始まる。院長の娘が、父親の精神世界に入っていくのですが、映画のような感覚でプレイできました。

ガングリフォン

歩行兵器であるガングリフォンを操る。これ、ガンダムを実際に操作するとこんな感じなのでは!?とテンション上がったけど、やたらと難しかった。慣れれば高速移動ができたりと爽快さが出てくるのですが。紛争や異常気象が背景にあるし、アメリカが孤立主義になるなどかなりの社会派。

『GOTHA ~イスマイリア戦役~』

3D空間でのシミュレーションゲーム。 こう見ると、3D空間押しのゲームがセガサターンは多かったことが分かりますね。謎の光源体を探すのが目的で、マルチシナリオもあいまってハマってました。

『街 〜運命の交差点〜』

チュンソフトの名作! 渋谷の街を8人の主人公たちが物語を展開していく。オタク刑事や元ヤクザ、七曜会というマルチ商法軍団だったりが登場。物語が絡み合い、うねりをあげてストーリーが進行していく。実写でやったこともチャレンジングで、当時は無名だった窪塚洋介も出演していました。『428』が継承したけど、さらなる続編を出してほしい(切実なる願い)。

真・女神転生デビルサマナー

女神転生でさらに探偵もの。大好物が2つ重なっちゃう。セガサターンだとこんなことも起こるんですね。

グランディア

気合いの入ったRPG。当時プレイステーションドラクエ、FFも取られていて、オリジナルRPGで勝負という状況だったんですね。それだけにクオリティは高いし、ストーリーも素晴らしかったです。

クロス探偵物語 もつれた7つのラビリンス』

探偵アドベンチャーゲーム。もうこれは自分のゲームライフの中でもトップ10に入る名作。連続殺人事件が起こる中で、どの選択肢を選んでも殺人が起こる。殺される順番が違って、探偵側は何度かプレイしないと真相が分からない。これって、推理ものに革新的なことで、ゲームじゃないとできないことをやっていた。続編もアナウンスされてたのに頓挫。復活続編あるなら絶対やります!

『NiGHTS into dreams…』

空中を自由自在に飛び回る! 操作しているだけで気持ちよかった。夢の世界というのがまたアクション性とマッチしていた。音楽もいいんですよね。

シャイニング・フォースIII』 シナリオ1〜3

満を辞してセガの看板タイトルであるシャイニング・フォースが登場。一つの戦争を、シナリオ1、2、3それぞれ違う主人公から体験させてくれる。そして全員が融合するラスト。これでテンション上がらないわけないじゃないか!

サクラ大戦

歌と踊りがあって、主題歌もあるし、世界観が作り込まれていた。ゲームシステムもアドベンチャーパートと、シミュレーションパートがあり飽きずに楽しめた。アニメ、ゲーム、歌など、メディアミックス要素をゲーム内で全部やっているという荒技。広井王子は天才ですね。

『ビクトリーロード96』

サッカーゲームは入れておきたいなと。『ウィニングイレブン』と比べても完成度高かった!

EVE burst error

故・剣乃ゆきひろさんが手がけたアドベンチャーゲーム。私立探偵・天城小次郎と法条まりなの2人のパートで物語が展開。連続猟奇殺人事件の犯人名を推理できるシステムで、こういうの大好物!

ゆみみみっくすREMIX』

メガドライブからの移植版。アニメとアドベンチャーゲームの融合がうまい具合にいっていた。マンガ家の竹本泉さんが脚本、絵コンテなどを担当していて納得の仕上がり。テーマソングは高橋由美子というのもポイント高かったなぁ。

シャイニング・ウィズダム

アクションが楽しくて、どっぷりプレイしていました。連打システムがあった。今から思うと、難易度が高すぎるように思えるけれど…。

この世の果てで恋を唄う少女YU-NO

エルフの作品がセガサターンで楽しめるのも一つのウリだった。タイムループもので、並行世界を行ったり来たりするけれど、ゲームシステムとストーリーがうまくリンクしていて素晴らしかった。ストーリーも切ない。

機動戦士ガンダム ギレンの野望

画期的な設定で、ガンダムをジオン側から見る。しかもシミュレーションだから、これはやり込みがいがあった。連邦の白いモビルスーツの怖さといったら…。

デカスリート

パーティーゲームとしてすごくいい! 単純操作ですぐに誰でもできるしね。友達とか集まってやったら盛り上がるゲーム。

ガーディアンヒーローズ

横スクロールアクションだけど奥行きが3ラインある。そしてガードやステップといった操作が可能。一味違うアクションが楽しめます。

さいごに

ドリームキャストはさらに先駆的なソフトが多かった。